« 2008年8月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

「愛している」と100回言うよりも…

4月26日に学童保育所『遊友クラブ』の総会がありました。親と指導員、民生委員さん、PTA会長さん、小学校の校長先生の参加で、より良い遊友になるよう、前年度をふりかえり、今年度を語りました。そして総会終了後、亀山人なら知る人ぞ知る、アトリエ・エピの森敏子さんをお迎えし、『こどもにとって絵を描くこととは』というタイトルで講演会を催しました。アッという間に時間が過ぎて、私たちだけでお話を聞くのはもったいないな、と思いました。子を持つ親はもちろん、保育園や幼稚園、小学校の先生、学童保育所の指導員の方、子どもと関わるすべてのひとに聴いて欲しいと思いました。

私の心に残ったお話のポイントをあげてみます。

1.絵は描かせるものではなく、自ら自由に描くもの。

 50色ぐらいのクレパス、色鉛筆、紙をおいておけば、こどもたは放っておいても絵を描きだす。環境つくりときっかけづくりをする。

2.アートのある環境をこどもたちに。

 お部屋に絵はがきや画集をおいてみる。

 美術館に行く。子ども向けの企画もある。

 良い画材がたくさんあるので研究し、絵が描けるコーナーを作る。

3.子どもの絵は聴いてやる絵

 色、線、雰囲気など、自分の感じた素敵なところを伝え共に味わう

 まちがっても「何描いたん?」「じょうずねぇ」などと言わない。

4.子どもの絵を生活に取り入れる。

 額に入れて家中で一番いい場所に子どもの絵を飾ろう

 「愛している」と100回いうよりもそのメッセージは子に伝わる

以上ですが、お話もさることながら、持ってきていただいたこどもたちの絵が素敵で、美術館に行ったような気持ちになりました。

| | コメント (0)

2009年4月28日 (火)

「わかりやすく伝えて」の声が

「派遣が自由化する、ということがこんなに大変なことになるとは知らなかった。ええ事やと思っていた。後期高齢者医療も。事が起こってから言うのなら誰でもできる。共産党は最初から反対しとったらしいが、わかっていたことがあるのなら、もっと早く、わしらにわかるように伝えてほしい。」

これは4月26日に城北コミュニティで行われた市政報告会での、ある参加者の声です。私は至極もっともな意見だと思いました。

偏った報道をしたマスコミのせいにすることは簡単ですが、国民生活に関わる大切なことは、私たちもわかりやすくお伝えしなければなりません。議会での質問の他、しんぶん赤旗、ニュース、ホームページ、街頭宣伝など、さまざまなアイテムを駆使してお伝えする努力が求められているのでしょう。

| | コメント (0)

2009年4月25日 (土)

8ヶ月ぶりの更新です

 ながいことのご無沙汰でした。あまりのご無沙汰で本人も記事作成ページに入れなくなっておりました。心機一転して、服部こうき議員と一緒に亀山市議団としてホームページを立ち上げることになりました。そのお知らせはここでしておかないと、万が一どなたがひょっこりいらっしゃるかわかりません。ブログのページを夫にみてもらい、記事が書けるようにしてもらいました。新しくなったらすぐに毎日更新ができるわけでもないし、写真を貼り付ける練習をしないといけません。今日から再開します。

 去年の8月の最後のブログを見ると、学童保育を何とか立ち上げるためがんばっている自分がいました。

 おかげさまでたくさんの方々の力をいただいて、昼生小学校区放課後児童クラブ『遊友クラブ』が今年の1月から開設されました。指導員の先生方、地域の方、学校、家族の方の愛情がたっぷり詰まった小さなプレハブで、こどもたちは、充実した放課後を送っています。今日は明日の総会のため、遅くまで親たちが集まって準備しました。パソコンで上手に書類を作る達人や、会計、計算の達人、何でも手作りできる物つくり名人、多才な人間集団です。気づけば誰かがコーヒーをいれてくれ、親たちにとっても居心地の良い居場所です。今日は写真の入れ方わかりませんでした。

| | コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2009年5月 »